プロにも素人にも写真の加工は可能です。加工と言っても様々ですがいくつか加工の仕方を見てみましょう。

写真を加工する

ワンランク上の写真好きやプロのカメラマンになると写真を加工することもあります。
顔の肌の色や飛び出している髪の毛を修正したり、顔のシミを消したり、輪郭を変えたり、人物を変えることがあれば、人はそのままで背景を変えたりすることもあります。
そしてこのようにプロが手を加えた写真を、就職活動の履歴書で使用する人も増えているようです。
昔のカメラではフラッシュが光ると目が赤く光る現象がよく起きていましたが、最近のカメラでは「赤目除去」というシステムもあります。
また、プリンターで印刷する時に赤目除去ボタンがついているものもあるので、最近では赤目の修正は誰にでも簡単に出来るものなのです。
フォトショップやファイヤーワークスと呼ばれるような画像加工ソフトがあります。
写真のサイズや画素数を変えるだけでなく、背景を変えたり肌の色を変える事はもちろん、写真に文字を入れたり枠を付けたりと一時期流行ったプリクラのような感覚で写真を加工することも可能です。
遊び感覚で写真加工をするのであれば、最近の携帯電話もパソコンのように高機能なものが多くなっています。
携帯電話やスマートフォンにも同じような機能が付いていて、枠が変えられたり、文字を入れたり、スタンプを貼ったりと遊び感覚で写真が加工できるのです。
加工した記念写真を友達に見せたり、インターネットで公開したりするのも楽しいかもしれませんね。
撮影した日付を入れるだけでなく、コメントを入れてみるのも面白いですね。

Copyright (C)2017記念写真の保管方法〜大切な思い出はこうして守る〜.All rights reserved.